コラム

PING史上初・鍛造マッスルバックアイアン『BLUEPRINT』が「トップアスリート向けだから難しい」!?って言われると、逆に「打ちたくなる」&「欲しくなる」PCM編集長の話

「他のピン製品のように、やさしさを追求したモデルではありません。一部のトップアスリートが好む【操作性】と【抜け】をやさしいと感じるアイアンを形にしました」(ピン安斎さん)

プロ達は早くも結果を出しています

8月8日発売

ピン初の鍛造マッスルアイアン『BLUEPRINT』

iBLADEと比較
確かに小さいです

「カッコ良いから、少し頑張って打てるなら欲しい!」(村田)

 やさしいキャビティアイアンや飛び系アイアンなどとは、一線を画したマッスルバックのアイアン。現代クラブやスイングの流行が変わっても、やっぱり鍛造マッスルバックアイアンの魅力は変わらない。

 いや、ゴルファーの持つ向上心やマゾヒスト的な「魔力」があるのかも知れない。「難しい」コンパクトなマッスルアイアン『BLUEPRINT』アイアンには、「打ちたい」「使いこなしたい」をふつふつと湧き起こす魅力が試打を終えた村田が得た実感。

自他共に「和製バッバ」としては使いたくなるところ!?

「村田さん、『BLUEPRINT』に合わせた青いウェア!?」(筒)

「たまたまに決まってるだろ!(でも嬉しいかも)」(村田)

 道具を使いこなす「征服感」にも似た所有感は、プロが使う理由とは異なるかも知れない。

 しかし、練習場やコースで「打ちたくなる」魅力はクラブを購入する理由にしても良いのではないか?

確かに芯食ってました。。。。
勝手に想像してます

打って感じた「意外とやさしい」

「多分うまく打てない」と想像しながら試打を行ってみると、意外にも「打ちやすい」とすら感じる想定外の結果に。

 打ててしまうと、欲しくなるのがゴルファーの性。

「i500よりこっちのが良いかも?」なんて会話も生まれてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技術やスキルを身につける〜「PCM」アカデミー発足!

 

ゴルファーに「喜ばれる人」になろう!

・「プロフェッショナル」フィッティング

・「プロファイル」フィッティング

・「ギア&スイング」レッスン

・「PCM Labo」診断

etc…各種セミナーを開催受付中です。

個人:各種セミナー¥30,000/1day

※法人様プランもございます。

【お問合せ】はinfo@pcm-lab.comまで

 

 

ページ上部へ戻る