PCMアーカイブ

組立講座 ゴルフクラブ・メイキング入門講座 マニュアル02/シャフト交換 Part02

15、シャフトの確認

これはちょっと後の作業になるが、グリップを取り外したら、シャフトが貫通しているか中の穴を覗いてみる。反対側が見られれば大丈夫。

reshaft15

 

16、ヘッドのクリーニング

今度はヘッド側のクリーニング。こちらもきれいにしないと接着力不足で事故の原因になりやすい。

reshaft16

 

 

17、傷付けないように万力に取り付け

ドリルでホーゼル内をきれいにするので、万力などに取り付ける。ヘッドが傷付かないように厚手の布などを間にはさんで固定する。

reshaft17

 

18、ドリルビットで内部を掃除

ウッドは8.5mmか9.0mm、アイアンは9.5mmのドリルビットで内部の接着剤のカスを取り除く。カスが出なくなったら万力から外して内部をチェック。まだ残っていたら再度掃除。

reshaft18

 

 

19、内部のフタが外れたら

ウッドヘッドはシャフト穴の底にフタがある。これがないと接着剤がヘッド内部に漏れてしまう。熱心に掃除してこれを削ったり、押したりしてヘッド内部に落としてしまうことも。できるだけ取り除くが、取れないときは粘着性のあるジェルで内部に止めてしまう。その後新しいフタを取り付ける。

reshaft19

 

20、クリーナーで内部をきれいに

ワイヤクリーナーのような器具があるので内部を完全にきれいに。目でチェックしながら接着剤を取り除く。クリーナーはウッド用、アイアン用があるので注意。

reshaft20

 

21、完了

これで取り外しは完了。組み立て用のシャフトとヘッドが用意されたのと同じになるので、この後の作業は前の「クラブ組立」を参考に。

reshaft21

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMラボとは

出版物

Pick up!

名器誕生100年史

ゴルフ用品用語辞典

ページ上部へ戻る