ギア企画を斬る

  1. 週刊パーゴルフ5/30号『カチャカチャの裏技活用法』

    現在発売中『週刊パーゴルフ』に(株)ゴルフパートナー ヴィクトリアゴルフロッテ葛西店のクラフトマン 峯明弘スタッフ   山浦良徳両氏がギア特集で掲載されています。彼らは、先日東京で行われた『イーデルゴルフ』新製品発表会にも来場。非常にギアに熱心なゴルフ業界人でもあります。

  2. 週刊パーゴルフが「GP大学院生」クラフトマンを取材〜『PCM』を教科書に指定

    先日、ゴルフパートナー ヴィクトリアゴルフロッテ葛西店にて週刊パーゴルフ企画取材がクラフトマン峯 明弘(みね・あきひろ)氏と行われました。

  3. カスタムドライバーはゴルファーに何を与えるのか?

    ゴルファーはなぜ?ドライバーばかりを次々に買い換えるのでしょうか?なぜ?新しいモデルに心踊るのでしょうか?【PCMラボ】では、毎年発売される最新モデルの数々を詳細まで計測し「データベース」を蓄積しています。

  4. 「ドライバー・イズ・ショー」は本当か?

    次号『PCM』NO.25【ドライバー特集】は、前号『PCM』NO.24【クラブセッティング】に続いたテーマ。「ドライバー・イズ・ショー」の言葉は、ドライバーだけ良いショットが打てているだけではスコアメイクに繋がらない...といった、古から言われている話。

  5. 老舗業界誌「ゴルフ用品界」らしからぬ【残念な記事】を構成した人物は何者なのか?

    PCM編集部に、複数の問い合わせが入ってきた。内容は「ゴルフ用品界の記事は本当ですか?」と言うもの。商品戦略情報&市場活性化マガジン「ゴルフ用品界」2月号の記事について「非常に残念な記事」な内容だったとの『問い合わせ』に、早速編集部は改めて記事を読んでみることに。

  6. 300ヤード時代を予言していた「伝説のコーチ」がスイング・ギアを語る

    「プロを教えるコーチ」として、1980年代から数々の有名選手の「復活請負人」を務めたパイオニア。と「同時進行」でゴルフ誌に「予言」を行いながらコーチングを進めた筆者でもあった。https://ja.wikipedia.org/wiki/後藤修後藤修氏に語ってもらった。

  7. 2017年はドライバー&ツアーが熱い!?

    人気ゴルフ誌「ALBA」2/9号が1/26に発売されました。表紙は、時の人タイガー・ウッズ。前号ではスイングを有識者たちが解説。大きな期待が紙面に表れていましたが...。復帰第一線「ファーマーズインシュランスオープン」初日、133Tのタイガー・ウッズに様々な報道がされています。

  8. タイガーウッズが惚れた〈ツアーB 330S〉の中身

    T・ウッズは何故?ブリヂストン〈ツアーB 330S〉を選んだのか?単なる飛びやフィーリングだけとは思えなかった。ブリヂストンのボール人気は、現在アメリカ国内でも確実に広がっているとのこと。

  9. EVEN SUPER試打会〜ゴルフパートナーヴィクトリアゴルフ&ロッテ葛西ゴルフ

    1/14(土)に行われたEVEN SUPER試打会は、途中に雪が舞い散る寒さにもかかわらず、多くのゴルファーで賑わいました。ゴルフパートナーヴィクトリアゴルフ ロッテ葛西店の強力なサポート体制と告知は、多くのお客様が「来て良かった!」との声につながりました。

技術やスキルを身につける〜「PCM」アカデミー発足!

 

ゴルファーに「喜ばれる人」になろう!

・「プロフェッショナル」フィッティング

・「プロファイル」フィッティング

・「ギア&スイング」レッスン

・「PCM Labo」診断

etc…各種セミナーを開催受付中です。

個人:各種セミナー¥30,000/1day

※法人様プランもございます。

【お問合せ】はinfo@pcm-lab.comまで

 

 

フィリピン・セブ【ゴルフ三昧】できる『LILOAN GOLF』UGシステム

http://liloangolfclub.com

(人気動画メディア「ringolf」で公開

 

 

 

ページ上部へ戻る