コラム

2017年はドライバー&ツアーが熱い!?

S__32899076
人気ゴルフ誌「ALBA」2/9号が1/26に発売されました。

表紙は、時の人タイガー・ウッズ。

前号ではスイングを有識者たちが解説。大きな期待が紙面に表れていましたが…。
S__32899076
復帰第一線「ファーマーズインシュランスオープン」初日、

133Tのタイガー・ウッズに様々な報道がされています。

果たして「有識者の予想」は、結果に表れるのでしょうか?
S__32899075
そんな中、ショップには
もう直ぐ新モデルたちが並びます。

ゴルフパートナーでは、「熱い」POPも作られて早くも活気づいている模様です。

一体あなたに「ぴったりな」1本は、

どのドライバーでしょうか?
S__32366649
(写真はPCM NO.21)
S__32899077
次号『PCM』では、去年に引き続き

【大手メーカーvsカスタム】ドライバー特集を企画します。

3月にパシフィコ横浜で行われるジャパンゴルフフェアで発行する予定で、現在取材に計測に奔走中です。

結局「自分は何がいいのか?」を探るべく、様々な企画を
予定しています。

また、ゴルファー目線の「新旧対決」も。

最新モデルとロングヒットモデル
「どっちがいいのか?」是非ご自身でショップ・練習場で体感してほしいです。
S__32899078
今号のALBA本誌で、今年のドライバー&ツアーが熱いことを表す記事を見つけました。

「最旬」ジャスティン・トーマス選手の「強さの秘密」をスイング写真から分析するというもの。

タイトルの「59」の中身にではではなく、ドライバーの飛距離に焦点が絞られた内容はおそらく解説者も困惑したのではないでしょうか?

なぜなら、「ジャンプ打法」そのものはたくさんの選手が行っている動作。
しかもコーチにはこの動作を勧めないものが多く
またそもそも「これがいい」と言われても、いきなりスイングに取り入れるポイントではないから。

いつの間にか「強い理由」が「飛ぶ理由」に変わってしまったのもドライバーに注目が集まっている「一つの現象」かもしれませんが、

せっかくなら「トーマス選手が今のドライバーを使っている理由」や「上手く打つコツ」を
記事にして欲しかったと思うのですが…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技術やスキルを身につける〜「PCM」アカデミー発足!

 

ゴルファーに「喜ばれる人」になろう!

・「プロフェッショナル」フィッティング

・「プロファイル」フィッティング

・「ギア&スイング」レッスン

・「PCM Labo」診断

etc…各種セミナーを開催受付中です。

個人:各種セミナー¥30,000/1day

※法人様プランもございます。

【お問合せ】はinfo@pcm-lab.comまで

 

 

フィリピン・セブ【ゴルフ三昧】できる『LILOAN GOLF』UGシステム

http://liloangolfclub.com

(人気動画メディア「ringolf」で公開

 

 

 

ページ上部へ戻る